メタボとは?

メタボとは?

メタボとは?

メタボとは、正式名称:メタボリックシンドロームの略の事です。

 

内臓脂肪型肥満をベースに、高血圧・高血糖・高脂質の3高の中で2つ以上を併発した状態の事を指します。

このメタボ状態はすでに成人病を発症している状態です。

 

さらに放置をする事によって動脈硬化が進行して脳梗塞や心筋梗塞や脳卒中を起こす危険性があります。

 

特に日本人は欧米人に比べるとメタボの影響を受けやすい遺伝子を持った特徴があります。

 

厚生労働省の統計によると日本では2,000万人がメタボ予備軍と言われています。

 

ちなみにメタボの具体的な判断基準としては、

◆お腹周り:男性90cm、女性80cm以上。
◆血圧:最高130最低85mmHg以上。
◆中性脂肪:150mg/dL以上。
◆善玉コレステロール(HDLc):男性40mg/dL、女性50mg/dL未満。
◆血糖値:100mg/dL以上。

の5項目中3項目以上が当てはまる場合はメタボと言う事になります。

 

さらに厄介なのは、メタボは‘痛い’とかの自覚症状がないので、
この状態を放置する事によってある日突然に、脳梗塞や心筋梗塞が襲ってきて倒れると言う悲惨な事態に陥る事です。

 

つまり脳梗塞や心筋梗塞を発症した人の全員が発症する直前は、メタボ状態であった事になります。

 

よってこれらの成人病を発症させない為にも定期的な健康診断を受けて、
あなたは日頃から自身の健康状態を把握しておく必要があります。

 

そして血液検査の数値がよくない場合は、
医師からの適切なアドバスを受けて、食事や運動療法を実践してメタボを予防して行かなければいけないのです。