メタボ・漢方・生漢煎防風痛聖散

バナー原稿imp

メタボ対策漢方[生漢煎防風痛聖散]の紹介

メタボ対策漢方[生漢煎防風痛聖散]の紹介です。

[生漢煎防風痛聖散]は第2類医薬品です。
つまりサプリメントではなく効果が認められた医薬品(漢方薬)と言う位置づけになります。

 

生漢煎防風痛聖散は、18種類の生薬配合によって代謝・利尿・便通をよくして腹部の皮下脂肪を減らして、肥満や便秘やむくみを改善させる働きがあります。

 

生漢煎防風痛聖散の特徴は以下になります。

 

満量処方27.1g配合

 

漢方薬には1日分の生薬の配合バランスの量が定められています。
例えば、
1日分の生薬を丸々全て使っている場合は『満量処方』
半分の量だけを使っている場合は『1/2処方』
と言った感じに。

 

そして生漢煎防風痛聖散ではその効果を最大限に引き出す為に1日分の『満量処方』27.1gを配合しています。

 

4,500mgのエキスに濃縮

 

生漢煎防風痛聖散は独自の製剤技術によって、生薬27.1gを4,500mgのエキスに濃縮。
(飲みやすい1回1包の顆粒タイプに仕上げました。)

 

18種類の生薬配合

 

以下の18種類の生薬が代謝・便通・清熱・利尿作用に働きかけて、肥満や便秘やむくみを解消させます。

 

1日量6.0g(2.0x3包)中 防風通聖散料エキス4.5gを含有

生薬名 1日量6.0g(2.0x3包)中の含有量
トウキ 1.2g
シャクヤク 1.2g
センキュウ 1.2g
サンシシ 1.2g
レンギョウ 1.2g
ハッカ 1.2g
ショウキョウ 0.3g
ケイガイ 1.2g
ハマボウフウ 1.2g
ダイオウ 1.5g
硫酸ナトリウム 1.5g
ビャクジュツ 2.0g
キキョウ 2.0g
オウゴン 2.0g
カンゾウ 2.0g
セッコウ 2.0g
カッセキ 3.0g